1:2014/12/11(木) 18:39:20.65 ID:
◆韓国の市民団体、大韓航空「ナッツ・リターン」の趙副社長を告発、「これは100%の嘘」

韓国の市民団体「参与連帯」は10日、大韓航空「ナッツ・リターン」の趙顕娥(チョ・ヒョンア)副社長を韓国検察に告発した。航空法違反、威力業務妨害、強要などの疑い。

参与連帯は同日の記者会見で、「大韓航空の謝罪文では、機内責任者が電子マニュアルのパスワードを解除できず、嘘をついたために航空機から降ろした」とされているが、「これは100%の嘘」と言い切った。

また、「大韓航空は、機長との協議の上で機内サービスの責任者を降機させたとしているが、これも事実ではない」と主張した。趙副社長が「機長に話して旅客機を引き返させ、お前は降りなさい」と、一方的に降ろしたとのこと。そして、「内部証言によると、趙副社長は搭乗時から興奮していて、女性乗務員を激しく怒鳴りつけた」と伝えた。
  
趙副社長は大韓航空の経営を実質支配する韓進グループの趙亮鎬会長の長女。
9日、「ナッツ・リターン」騒動の責任を取り、韓進グループの一部役職を辞任し、管轄の国土交通部(日本の国土交通省にあたる韓国の政府機関)が調査を開始する予定である。
75c4219c.jpg

WoW!Korea 2014年12月11日(木)12時5分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000030-wow-int

◆韓国検察、大韓航空本社などを強制捜査

韓国の検察当局は11日午後、大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョンア)副社長が客室乗務員の接客に激怒し、離陸直前の旅客機を引き返させた問題に絡み、ソウル市内にある大韓航空の本社と仁川空港の出張事務所の強制捜査に乗り出した。

聯合ニュースによると、検察は「事件発生当時」の旅客機の運航記録やブラックボックスなどを回収する方針という。

大韓航空の趙副社長は5日、ニューヨークの空港を離陸しようとしていた旅客機の機内で、接客作法をめぐって客室乗務員を叱りつけ、滑走路から引き返させて客室サービスの責任者を機内から降ろしていた。

韓国メディアは、趙副社長について、「ピーナツ副社長(趙氏)は韓国の恥だ」などの表現で非難している。

産経新聞 2014年12月11日(木)16時13分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141211-00000533-san-kr

■関連スレ
【韓国】前代未聞 大韓航空副社長が乗務員のサービスに激怒 滑走路の機体を引き返させる[12/08]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1418015202/