1:2015/01/04(日) 09:38:44.43 ID:
 2015年1月4日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「英国で『イヌを食べる韓国人』への抗議デモが続いている」と題するスレッドが掲載された。

 スレッドを立てたユーザーは、在英韓国大使館の前で「イヌを食べないで!」と訴える英国人らの写真を掲載。「1988年のソウル五輪をきっかけに、韓国でイヌの肉が食べられているという事実が世界に知れわたった。それから20年以上経った今でも、在英韓国大使館の前では、イヌを食べる韓国人を非難するデモが行われている」と書き込んでいる。また、「中国でもイヌの肉が食べられているのに、在英中国大使館の前でデモは行われていない。大国に弱い英国人をどう思う?」と問いかけている。

 これについて、ほかのネットユーザーが以下のようなコメントを寄せている。

「料理がまずくて有名な英国に、韓国の食文化を批判されたくない」

「他国の食文化に首を突っ込むな」

「英国のひどい料理よりも韓国のイヌ料理の方が断然おいしい」

「英国にはフィッシュアンドチップスしかないが、韓国にはキムチとプルコギがある!二度と韓国をばかにするな」

「韓国が先進国になるためには、イヌ食文化をなくさなければならない。先進国では、イヌはただの動物ではなく家族のような存在になっている」

「なんで日本はイヌを食べないのだろう?中国も韓国も食べているのに」

「クジラを食べる日本や、カンガルーを食べるオーストラリアには何も言わないくせに。非難する基準は何?国力?国の親密度?」

「日中韓の中で一番力の弱い韓国。悲惨な現実だ」

ソース(Yahoo・Record China) 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150104-00000009-rcdc-cn
写真 
30b3288e.jpg