クネ 
(イメージです。)


1
:2015/01/27(火) 20:28:59.43 ID:
 年末調整の方法の変更をめぐり韓国社会に反発が広がっている問題で、韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は26日「国民に多くの迷惑をお掛けして遺憾に思う」と述べた。

 朴大統領は26日、首相や大統領府(青瓦台)の首席秘書官が交代してから初となる首席秘書官会議を開き「年末調整」問題について初めて謝罪した。朴大統領は「こうしたことが繰り返されないよう、原因・背景などをあらためて探り、補完対策について国民にもっと正確に伝える必要がある」と発言した。

 また朴大統領は、年間の所得が5500万ウォン(約600万円)以下の労働者について、追加の税負担がないようにと指示した。安鍾範(アン・ジョンボム)経済首席は26日「2013年の税法改正時、(年間所得)5500万ウォン以下は税負担が増えないと言ったが、特定のケースで税負担が増えることがあり得る。(党と政府が合意した)四つの補完策を通してカバーし、それでも負担が増える場合は補完対策を整備したい」と語った。

ソース(Yahoo・朝鮮日報) 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150127-00001527-chosun-kr