1:2015/01/31(土) 21:43:23.95 ID:
 【ソウル共同】

 今年の日韓国交正常化50周年を記念し、両国の演奏家計約80人による合同オーケストラのコンサートが31日夜、ソウルで開催された。日韓が協力して行う今年最初の大規模なイベント。若手音楽家を中心に「調和」や「新しい世界」をテーマとして、毎年恒例のソウル国際音楽祭の最終日を飾る。

 指揮はドイツ留学中の若手指揮者、石川星太郎さん(29)が務め、韓国の作曲家、柳在駿さん(44)の序曲「バラの名前」で開演。

 東京フィルハーモニー交響楽団など日本の楽団から約20人が参加。管楽器を日本、弦楽器を韓国の演奏家が担当し、29日からの3日間で音を合わせた。

ソース(西日本新聞) 
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/article/142859

写真=日韓国交正常化50周年を記念した合同オーケストラのコンサートのリハーサルに臨む指揮者の石川星太郎さん=31日、ソウル(共同)
e76865f9.jpg