a3e6a6b1.jpg 
(スレ内の画像です。)


1
:2015/02/19(木) 10:17:30.73 ID:
(写真なし)

男性兵士募集を促進するため、台湾国防部が出した特別の対策が物議を醸した。

台湾国防部が女性士官を対象に広告用の写真を撮影して、これをカレンダーとして製作したと
台湾のメディアが去る11日に報道した。

問題は美貌の女性士官を選び、性的魅力をアピールするような複数の内容が捕捉されているという事にある。

報道によれば、広告用の写真には60人の元気で美しい女性モデルが登場する。 製作されたカレンダーには軍服を着てバイクに乗っていたり、楽器を演奏する女性士官の姿が登場する。

写真の下には女性モデルの『名前と勤務先、履歴書、手紙、軍隊生活に対する期待』のような個人情報まで一緒に出ている。

この中で特に、ビキニを着て撮影したすらりとした女性士官が大きな人気を呼んでいる。 彼女のニックネームは『七月小姐』で本名は王睫茹だと分かった。

彼女は水泳に突出した才能を示し、台湾大学に在学中は学校の水泳隊の一員として活動した。
卒業後は軍隊に入り、去る2013年末に士官に任官して、現在は台湾予備指揮部で勤務中と
いう自己紹介が添えられた。

大部分の人々はビキニを着た女性仕官の姿がまるで、男性を軍隊へと誘惑するような印象が漂うと感じている。そのため軍隊の広報物の基準に当たらないと思っているが、台湾国防部の考えは少し違う。

現時点で兵士を募集する広報活動に、一番適切なマーケティング戦略を使ったというのである。

台湾国防部がこのように強行に出るのには、それなりの理由が隠れている。共稼ぎが多い台湾では出生率が1.10以下と低く、一人息子が徴集された場合に親の反発が激しい。

このような世相を反映するように、台湾は馬英九総統の選挙公約によって2011年から募兵制の転換を試みているが、現在まで年度別で募兵目標を果たす事に苦労をしている。

2013年は2万8000人の募兵目標を立てたが、8603人の募集に終った。結局台湾当局は、2015年1月に計画した募兵制転換時点を2年後の2017年1月に延期しなければならなかった。

ソース:NAVER/eデイリー(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=018&aid=0003187459 

=管理人補足=
元スレタイ;【台湾】美貌の女性士官にビキニを着せた台湾国防部・・・「なぜ?」