ロッテ 
(イメージです。)


1
:2015/02/26(木) 10:33:13.19 ID:
ロッテグループは25日、来店客の減少で危機に直面しているソウル・蚕室の第2ロッテワールドについて、テナントの賃料減額を含む100億ウォン(約10億8000万円)規模の支援対策を発表した。

来店客の減少は水族館、映画館の営業中止や安全面での懸念浮上に伴うもので、今回の支援対策にはテナント入居後5カ月の賃料を30%減額することが盛り込まれた。ロッテグループは「賃料減額はモールが正常化するまで期間限定で適用する」と説明した。

これに先立ち、第2ロッテワールド内の百貨店「アベニュエル・ワールドタワー店」は先月、テナントから受け取る手数料を引き下げた。外食業者には店舗運営費を免除した。

ロッテグループによると、第2ロッテワールドの1日平均来店客と駐車場利用車両は今月に入りそれぞれ7000人、530台で推移しており、昨年10月の開業直後に比べ30-40%減少した。その影響で開業当時に約6000人いたショッピングモール内のテナント従業員も約1000人減少した。

ロッテ関係者は「今回の賃料減額措置を金額に換算すれば、テナントには100億ウォンを超える恩恵となる。ショッピングモールを活性化するためにさまざまなイベントやセールも準備している」と説明した。

洪源祥(ホン・ウォンサン)記者

ソース:朝鮮日報 2015/02/26 09:08
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/26/2015022600921.html