1:2015/02/26(木) 22:49:26.91 ID:
(画像:平昌アルペンシアスキージャンプ·センターで)
f86e613d.jpg

 大韓スキー協会は、予定されていた第96回全国冬季体育大会スキージャンプ競技が、施設の安全性の問題で開催しないと26日発表した。

 施設安全性の問題が台頭したスキージャンプ競技場は、2018年平昌冬季オリンピック競技場で使用される。
 平昌アルペンシアリゾートスキージャンプ競技場の修復が急がれる。
 今回のスキージャンプは、冬季体育大会でモーグル競技と一緒に展示種目としてお目見えする予定だった。

 2013年10月、国際スキー連盟は現場実体調査後に、選手輸送設備(エレベーターやゴンドラ)を追加要求、電光掲示板の設置など14件について改善することを指摘された競技場に対し、今年度は約23億ウォンの予算が確保されているが、ほとんど進捗していない状況である。昨年8月に再度FISの監査で選手のスタート設備の交換、照明設備などを追加修正を要求したからである。

 平昌組織委は「所要予算約60億ウォンを追加で確保し、2016年までに必要な補修を終え、予定通り2017年2月にテストイベントを開催する予定だ」とし、「2015~2016年末までにオリンピック大会のための施設を修正工事を完了する計画だ」と述べた。

 江原道と平昌組織委は追加修正要件は、設計完了である6月以降の事業計画の変更を介して、政府に予算に反映要求をする予定である。
 平昌組織委は「今年選手のスタート設備の交換、リフトと防風ネットの設置など、重要な設備から改修を始めて修正を済ませれば、12月には、FIS公認の認証を受けることができるだろう」と述べた。

 平昌アルペンシアリゾートスキージャンプ競技場は、既存の国際認証の有効期間である2009年5月22日から2014年12月31日の期間限定である認証ですら有効期限が切れた状態だ。

 平昌組織委は「スキージャンプ種目のテストイベント競技が2017年2月に予定されてだけに、予定されている工事スケジュールに基づいて修正工事を進行すれば、テストイベントとオリンピック本大会の準備に何の問題もない」と述べた。

(江原=ニュース1) シンヒョジェ記者
news1 2015.02.26 18:38:46
http://news1.kr/articles/?2112138