554141.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2015/03/05(木) 10:18:41.72 ID:
5日午前、リッパート駐韓米国大使に刃物で切り付けた男(55)は、2010年にも在韓日本日本大使を襲っていたことが分かった。

男は当時の日本大使にコンクリートの塊を投げ付け、「日本のせいで南北が分断された」と叫び、
裁判所から懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡されていた。


男は、自身のことを「我が庭」と呼ばれる南北統一関連団体の代表だと称しているほか、独島(日本名:竹島)を守る活動もしていたと言われている。

チュ・ユナ記者
ソース:チョソン・ドットコム/朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/05/2015030501218.html 

=管理人補足=
MIZUHO no KUNI 関連記事
「声明出すの早いわw」 ⇒ 米政府が駐韓大使襲撃を非難!(2015/03/05 10:40
「SPなにやってんだ?」 ⇒ 【駐韓米大使襲撃】容疑者の男は、南北統一を掲げる団体に所属(2015/03/05 10:15)
「外交問題になるな」 ⇒ 【駐韓米大使襲撃】容疑者の男を逮捕!米韓軍事演習に反発か 「戦争訓練反対」(2015/03/05 09:50)
「これやばいだろ・・・」 ⇒ 【韓国】米国のリッパート駐韓大使、暴漢に襲われる!日韓関係に不満か(2015/03/05 09:25) 
 
当時の韓国のニュース動画です。
公開日:2010/07/10
【日本語訳】

<アンカーコメント>
昨日、ソウルで駐韓日本大使が講演中に襲われるという突発的な事態が発生しましたが、­両国の政府とメディアが冷静に対応しており、今回の事件が日韓外交の葛藤へ飛び火しな­いと見られます。ユン・ギョンミン記者です。

<リポート>
政府は重家駐韓日本大使が、講演中に独島守護関連市民団体の会員から石の襲撃を受けた­ことに対して遺憾の意を表明しました。

<キム・ヨンソン、外交部スポークスマン>
「とてもよくない事件だったと考えています。特に外交使節に対して、決してあってはな­らない事でした。非常に遺憾と考えています。」

ユ・ミョンファン長官も事件直後に重家大使に電話をかけて、慰労の意を伝えました。

警察は外交部の要請により、駐韓日本大使館に対する警備の強化に出ました。
重家大使に対する身辺保護も強化されました。

インターネット上では今回の事件に対する賛否論争が熱く燃え上がりました。

日本大使に怒りをぶつけたのだとし擁護する意見と、外交関係を台無しにする非常識な事­という意見が対抗しました。

日本の2ちゃんねるという右翼指向のインターネット掲示板には、乱暴な言葉が書き込ま­れました。日本に対するテロだとして、国交断絶を主張する興奮した意見まで書き込まれました。

日本のメディアは右翼指向の産経新聞が卑劣な投石というタイトルで報道し、投石場面を­撮影したフジテレビが繰り返し報道しましたが、ほとんどが論評なしで発生した事実を中­心に冷静に報道しました。

日本政府も別に、抗議の意を伝えませんでした。

駐韓日本大使に対する直接的攻撃は今回が初めてなので、日韓外交の葛藤が大きくならな­いだろうかとかなり緊張していた政府は、一応安心する雰囲気です。

3年近い勤務の終わりに離任を10日余り控え、思いがけない辱めに遭った重家大使は、­外部での活動を中断して帰国の準備をしていると伝えられました。

YTNユン・ギョンミンでした。
~2010.07.08 YTN~