ヒラマサ 
(イメージです。)


1
:2015/03/06(金) 10:35:18.77 ID:
2015年3月4日、韓国テレビ・SBSによると、2018年に韓国で行われる平昌五輪の組織委員会は、「スノーボードとスキー・フリースタイルの競技場変更案が白紙化となった」と明らかにした。

組織委員会の関係者は、「文化体育観光部の金鍾(キム・ ジョン)第2次官が、コスト削減のために推進してきた、スノーボードとスキー・フリースタイルの競技場の変更計画を中止した」と発表した。平昌組織委員会、江原道、文化体育観光部、IOC、国際スキー連盟は来週、競技場変更の可否を決定するための会議を開催する予定だったが、文化体育観光部が計画の中止を発表したことにより、協議する必要がなくなったと伝えている。

これについて、韓国のネットユーザーからは不安の声が相次いでいる。

「ああ情けない。なんでわざわざ国民の税金を無駄遣いしようとするの?」
 
「仁川アジア大会よりもひどい大会になりそうだ」
 
「今回の冬季五輪は100%失敗に終わる」

「国民のために、開催を中止して」
 
「70年代に1度目を、90年代に2度目の冬季五輪を成功させた日本は本当にすごい国だと感じる」

「キム・ヨナのせいだ」
 
「今回が韓国で開催する最後の五輪になりそうだね」
 
「朴大統領はゴルフなんかしていないで、真剣に取り組むべきだ。あと3年しか残っていない」

「どこに金があるの?競技場変更に反対する理由がわからない」
 
「状況がころころ変わる。五輪関係で明るいニュースを見たことがない」
 
「『日本にできて韓国にできないことはない!』と信じて招致した結果がこれか…」

(翻訳・編集/堂本)
ソース:レコードチャイナ 2015年3月5日 12時3分
http://www.recordchina.co.jp/a103627.html