1:2015/03/06(金) 20:15:24.40 ID:
◆駐韓米大使襲撃事件、韓国警察は「米国大使は警護の対象ではない」
  …韓国ネット「悪いのは大使館側!」「金属探知機もなかったの?」

2015年3月5日、韓国・朝鮮日報によると、マーク・リッパート駐韓米大使が男に襲撃されて負傷した事件について、韓国警察は「米国大使は基本的に警護の対象ではない」と述べた。

5日午前7時40分ごろ、リッパート大使はソウルの世宗文化会館で、刃物を持ったキム・ギジョン容疑者に襲われ、顔や手を80針縫う怪我を負った。

キム容疑者は「独島(日本名:竹島)守護団体」の代表を務めており、2010年7月7日、ソウルのプレスセンターで開かれた講演の途中、重家俊範駐韓日本大使にセメント片2個を投げつけた容疑で起訴され、懲役2年、執行猶予3年の判決を受けた前科がある。

しかし、事件当日、キム容疑者は参加予約をしていないにもかかわらず、「加盟団体(ソウル市民文化団体連席会議)の役員である」という理由で会場に入場できたという。
また、キム容疑者は刃渡り25センチの凶器とカッターナイフを所持していたが手荷物検査などはなく、何ら制止されることはなかった。

さらに事件当日、リッパート大使のそばには韓国人随行警護員が1人しか配置されていなかった。このことについて、警察は「米国大使の警護は基本的に米国大使館側が担当している。大使館側から、特に身辺保護の要請はなかった」と説明。事件直後の5日午前10時から米国大使を「要人警護対象者」に指定し、大使本人には4人の警察官、大使夫人には3人の警察官を警護に付けたという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。

「大統領でもないんだし、普通はそんな厳重に警護しないよ。メディアが警察に責任を押しつけようとしているだけだ」

「警察を非難する人たちは、『盗んだ人よりも盗まれた人が悪い』と言っているのと同じこと」

「警察はスーパーマンじゃない」

「悪いのは韓国警察ではなく、大使館側でしょ?」

「警察主催の行事でもないのに、なんで警察を責める?警察官も大変だね」

「金属探知機もなかったの?」

「今回の事件は十分予想できたことじゃないの?前もって対策できない警察が情けない」

「事件が発生した後に対策をする。韓国警察のお決まりのパターン」

写真:韓国の警察
9d1308fe.jpg

Record China 2015年3月6日(金)17時43分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000047-rcdc-cn