mqdefault_20150311231443562.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2015/03/11(水) 21:53:57.37 ID:
<駐韓米大使襲撃>朴大統領「傷の部分、手術時間、病院まで…私と同じ」(1) | Joongang Ilbo | 中央日報
http://japanese.joins.com/article/521/197521.html?servcode=200§code=200&cloc=jp|main|inside_left


朴槿恵(パク・クネ)大統領が9日、マーク・リッパート駐韓米国大使を見舞った。7泊9日間の中東4カ国歴訪を終えて同日午前に城南(ソンナム)のソウル空港に到着した朴大統領は、リッパート大使が入院中の新村(シンチョン)セブランス病院に直行した。

朴大統領は病院20階の病棟に入るとリッパート大使と握手をしながら「中東歴訪中に大使が襲撃されたとの知らせを聞いて本当に驚いた」と述べた。「私も2006年に似たようなことがあった。すぐにこの病院で2時間半の手術を受けたが、大使も同じようなことに見舞われたと考えると、一層心が痛かった」ともした。朴大統領はハンナラ党代表時代だった2006年、5・31地方選挙を控えて新村での遊説途中に、カッター刃物によるテロに遭遇して顔右側を60余針を縫うということがあった。リッパート大使も顔右側を80余針を縫う手術を受けた。

次は青瓦台が伝えた問答。

朴大統領=「その時も医療スタッフが『神が助けてくれた』という話をしたが、今回も『神が助けてくれた』と言っていたと聞いた。何か神のご意思があるのではと思う。その後、私は『これからの人生はおまけだ』と考えて『国と国民のために生きよう』と決心した。大使も今後、国と韓米同盟のために多くの仕事をして下さることだろうと思う。今回、大使が毅然かつ大胆に対処する姿を見て、両国国民が大きな感動を受けた。かえって韓米関係がこれまで以上に近づく契機になったと考える。病床で(ツイッターに掲載した)「一緒に進みましょう」というコメントを見て、韓国国民の心に響きがあった。はやく快復されて、韓米関係と両国のさらなる発展のために永遠に一緒に進むことができればと願う」

▼リッパート大使=
「同じ病院で治療を受けたことも深い縁だ。朴大統領や大韓民国政府、韓国国民が表してくれた関心と見舞いに、私はもちろん妻も大きな祝福だと感じ、深い感銘を受けた。私も、おまけで得た人生と時間を家族と韓米両国の関係発展に使うために最善の努力を尽くしたい」

▼朴大統領=どうしてこんなにも似た点が多いのだろう。傷の部分もそうだが、2時間半の間手術を受けたことも…。当時の医療スタッフが『顔の傷がもう少し長くてもっと深かったら大変なことになるところだった』とのことだったが、どうしてこんなことまで似ているのだろうか」

▼リッパート大使=「私は大統領に多くの借りをつくった。こちらの医療スタッフが大統領を手術した経験があったので、私の手術はそれよりもはるかに易しかったとのことだ。おかげでより安全な手術を受けることができ、手術結果も良好だ。いろいろな面で借りをつくったようだ」

リッパート大使を10分間見舞った朴大統領は「早い回復を祈っている」と挨拶をした後、鄭甲泳(チョン・ガプヨン)延世(ヨンセ)大総長と尹道欽(ユン・ドフム)病院長、イン・ヨハン国際診療センター長などに会って「後遺症がないように最善を尽くしてほしい」と頼んだ。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「朴大統領がすでに見舞い電話をかけていたが、直接見舞いをしたのは韓米同盟を重視する韓国政府の立場を直接示したもの」としながら「同じようなテロに遭遇した個人的な心の痛みも作用したようだ」と話した。朴大統領は帰国途中、専用機で行った記者懇談会では「どうしてそのようなひどいことがわが国で起きるのか」とし「徹底的に調査しなければならない」とした。

朴大統領に続いて病室を訪れた外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は「韓米同盟がより一層強固になるだろうと(リッパート大使が)何度も述べた」と伝えた。
尹長官は映画『鳴梁』を見たいというリッパート大使に亀甲船模型をプレゼントした。

=管理人補足=