ヒラマサ 
(イメージです。)


1
:2015/03/12(木) 17:28:12.32 ID:
2015年3月12日、韓国・ニューシスによると、韓国で2018年平昌冬季五輪の分散開催を求める声が高まっている。

ソウル市内で同日、平昌冬季五輪の分散開催を求めるための記者会見が行われた。スポーツ文化研究所、全国体育教師会など14の市民団体が参加し、

「大会誘致当時8兆8000億ウォン(約9680億円)だった事業予算は、昨年末までに13兆ウォン(約1兆4300億円)にまで増えた。今後も予算の拡大が予想されるが、負債は国民が負担することになる。政府と組織委員会は国民の声に耳を傾けるべきだ」

などと訴えた。

また、昨年末に国際オリンピック委員会(IOC)が平昌五輪の分散開催を勧告したことを挙げ、「1都市だけでの開催は開催国の財政破綻や環境破壊の原因となる。分散開催をしても、『2018平昌冬季五輪』という名前は変わらない。常識的で合理的な分散開催案を政府が無視してはいけない」と指摘した。

平昌五輪の分散開催問題について、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。


「開催権を返上するしかない。どう頑張っても赤字になるに決まっている」

「分散開催に反対している人たちが負債を背負えばいい」

「金メダルを50個くらい取らなければ国民の怒りは収まらないが、その自信はあるのか?」

「五輪開催は韓国の経済に何の役にも立たない。開催資格を日本に譲渡しろ」

「国民がこんなに不安に思っているのに、政府はなぜ危機感を持たない?何か秘策でも隠し持っているのか?」

「日本や北朝鮮と共同で開催しようと言っているわけではなく、ソウル市と分散開催すればいいと言っているだけ。なんで政府はそんなにも強情なの?

「平昌五輪がどうなろうが関係ない。心配するのも疲れた…」


2015年3月12日(木) 16時24分
http://www.recordchina.co.jp/a104108.html