5670913815_ebdee5b30d_n.jpg 
photo credit: Wons via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/03/24(火) 15:51:20.02 ID:
子供が両親に毎月定期的に渡す小遣いについて、年間600万円まで全額所得控除する案が国会で推進される。所得税の最高税率38%を適用される年収1億5000万ウォン以上の高所得者の場合、最大228万ウォンまで税金を減らすことができる。

23日、国会によると、農林畜産食品水産委員会所属のパク・ミンス新政治民主連合議員(51・全北鎮安茂朱長寿任実郡)はこの日、このような内容の「所得税法改正案を代表発議した。アン・キュベク新政治連合院内首席副代表など10人が発議に参加した。

改正案は、子供、孫などが親、祖父母など直系尊属に毎月定期的に一定の金額を支援している場合、最大年600万ウォンまで勤労所得、事業所得などの総合所得から控除して所得税の負担を下げる案を骨子とする。

ジョブコリアの2013年の調査によると、調査対象の会社員男女1266人のうち53%が両親に小遣いを渡していた。これらの両親に渡す小遣いは平均328万ウォン水準だった。年齢別△20代295万ウォン△30代336万ウォン△40代398万ウォンなどだった。

パク議員室によると、韓国の65歳以上の高齢者の自殺率は10万人当たり82人で、米国や日本の4~5倍に達する。高い高齢者貧困率が主な原因とされる。2013年統計庁の調査に基づいて高齢者世帯の相対貧困率は49.3%で、経済協力開発機構(OECD)の平均の約4倍に達する。高齢者全体のうち、国民年金受給者は、3分の1にも満たないとパク議員側は指摘した。

パク議員は「息子、娘などが渡す小遣いが高齢者の生活する上で最大の割合を占めるが、深刻な経済難のために、これもままならない状況」とし「親に渡す小遣いを所得から控除する場合、両親に小遣いを渡す子供たちの負担を軽減し、高齢者貧困率と自殺率も下げることができるだろう」と法案発議の趣旨を説明した。

ソース:マネートゥデイ 2015-03-23​​ 14:05(機械翻訳)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&sid2=265&oid=008&aid=0003440869 

=管理人補足=
冒頭の原文;
자녀가 부모님에게 매월 정기적으로 드리는 용돈에 대해 연간 600만원까지 전액 소득공제해주는 방안이 국회에서 추진된다. 소득세 최고세율 38%를 적용받는 연소득 1억5000만원 이상 고소득자의 경우 최대 228만원까지 세금이 줄어들 수 있다.

google翻訳;
子供が両親に毎月定期的にささげる小遣いについて、年間600万円まで全額所得控除する案が国会で推進される。所得税の最高税率38%を適用される年収1億5000万ウォン以上の高所得者の場合、最大228万ウォンまで税金が減少することができる。
yahoo翻訳;
お子さんがご両親に毎月定期的に差し上げる小遣いに対して年間 600万ウォンまで全額所得控除してくれる方案が国会で推進される。所得税最高税率 38%を適用受けるヨンソドック 1億5000万ウォン以上高所得者の場合最大 228万ウォンまで税金が減ることができる。
excite翻訳;
子供がご両親に毎月定期的に差し上げるお小遣に対して年間600万ウォンまで全額所得控除する方案が国会で推進される。所得税最高税率38%を適用される年所得1億5000万ウォン以上高所得者の場合、最大228万ウォンまで税金が減らすことが出来る。