1:2015/03/31(火) 02:35:46.18 ID:
聯合ニュース
2015-03-30 21:02
50f38712.jpg

ベトナム警察はサムスン物産の港湾埠頭建設工事現場で42人の死傷者を出した最近の事故と関連し、現地韓国人職員に対して出国禁止措置を下した。

サムスン物産関係者は30日「ベトナム警察が事故原因を調査するために現地韓国人職員の出国を禁止するという公文書を送ってきた」として「警察調査に誠実に臨むだろう」と明らかにした。

現地言論は出国禁止されたサムスン物産職員は計48人だと伝えた。

サムスン物産はベトナムハティン省の海岸のブンアン経済特区のフォルモサ・ハティン・スチール社の工場で港湾埠頭の施工を受け持っている。

こちらでは去る25日午後7時50分頃、港湾埠頭防波堤のケーソン(基礎鉄筋コンクリート構造物)の製作のための鋳型が崩れて13人が亡くなって29人がケガした。死傷者は全部ベトナム人だ。

一部生存者は事故前に鋳型が強く揺れると監督官に報告したが、作業を継続しろとの指示を受けたという証言をしたと現地言論が報道した。

しかしサムスン物産は崩壊兆候の中で作業を押し切ったという主張は事実とは違うと否認した。

http://news.nate.com/view/20150330n46506?mid=n1006