1:2014/03/06(木)23:52:30 ID:
第3管区海上保安本部(横浜市)は6日、日本の最東端に位置する南鳥島(東京都)沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内を航行していた中国漁船「XIN JILI 8」から遭難信号を受信したため、巡視船が救助に向かったと発表した。

3管によると、受信したのは5日午後7時50分ごろ。中国当局から6日未明に「船主が衛星電話で連絡を取ったところ、火災を起こしている」との情報提供があった。

漁船には17人が乗っているとみられるが、国籍などは不明。
3管のジェット機が上空から確認したところ、船首部分に人影が見えた。
現場は南鳥島の東南東約265キロ。

火災が起きたとみられる中国籍の漁船=6日午前、東京・南鳥島沖(第3管区海上保安本部提供)
129189c8.jpg