9469913064_6bb168fc4f_n.jpg 
photo credit: The Blue House (aka Cheong Wae Dae) via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/04/10(金) 18:15:22.68 ID:
韓国政界に激震 自殺会長が政府要人への贈賄メモ残す

【ソウル聯合ニュース】

 国益に損失を与えたと指摘されている韓国の李明博(イ・ミョンバク)前政権の海外資源開発事業に絡み、横領などの疑いで検察の捜査を受けていた建設・開発会社「京南企業」の前会長、成完鍾(ソン・ワンジョン)氏(63)が自殺した事件で、成氏が有力政治家らへの贈賄に関するメモを残していたことが10日、分かった。

 ソウル中央地検によると、9日にソウル北部の北漢山で首をつって自殺した成氏の遺体を検視した際、ズボンのポケットから名前と金額が書かれたメモが見つかった。メモには朴槿恵(パク・クネ)大統領の前秘書室長の金淇春(キム・ギチュン)氏や朴政権の初代秘書室長の許泰烈(ホ・テヨル)氏、現秘書室長の李丙ギ(イ・ビョンギ)氏、李完九(イ・ワング)首相らの名前があり、政権の実力者らに対する検察の捜査が始まるとの見方も出ている。

 これと関連し、韓国紙の京郷新聞は10日、金淇春氏や許泰烈氏に金銭を渡したと語る成氏の肉声ファイルを公開した。成氏は自殺の直前、同紙の電話取材に応じていた。

 成氏はその中で、ハンナラ党(現在の与党セヌリ党)の大統領選候補を選ぶ党内選挙の前後に当たる2006~07年に金淇春氏に10万ドル(約1200万円)を、許泰烈氏に7億ウォン(約7700万円)を渡したことを明かした。この発言は成氏のメモの内容とも一致するとされる。

 メモについて、李完九首相の秘書室長は聯合ニュースの取材に対し、「二人は特に縁がない」として、金品を受け取ったことを否定した。また、李丙ギ秘書室長は「成氏が自分は無実だから助けてほしいと、検察の捜査に影響力を行使するよう要請してきた」とした上で、「要請を断ったことを恨みに思ったようだ」とのコメントを出した。金淇春氏は聯合ニュースの取材に対し、「(成氏と)面識はあったが、親交はなかった」と主張。金品の授受については「決してそういうことはない。作り話だ」と否定した。

stomo@yna.co.kr

聯合ニュース 最終更新:4月10日(金)17時11分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150410-00000058-yonh-kr

関連スレ
【韓国】聴取の会長、遺書残し不明 韓国、前政権期の横領容疑 [転載禁止]c2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1428546959/