8674845813_ae85aba7cf_n.jpg 
photo credit: tsushima_jinja_20090518131000 via photopin(license)
(イメージです。)


1
:2015/04/14(火) 13:38:15.46 ID:
晴れた日釜山太宗台の斜面かに南北に長く横になった2つの島、対馬がはっきりと見える。
 
対馬は釜山と49.5㎞離れている。高速船に乗って100分で到着する、「お昼にラーメンやボウルを食べに行こう」と釜山おばさんが軽く半日旅行をするというその島である。

李承晩大統領は、大韓民国の建国直後「私たちの土地対馬を返せ」と要求した。戦犯国日本が不法に所有した領土を返すようにしたポツダム宣言に基づくものであった。
 

李大統領は、1952年初めにも対馬領有権を主張し、回復の意志を明らかにした。
李大統領の発言は当然だった。朝鮮初めから求めた末に至るまで対馬は私たちの土地の一部、私たちの地図上で欠かせない主要な島だったからだ。

朝鮮の勢力を表示した新増東国輿地勝覧(1530年)「八道総図」には、対馬が幾重にも重なったの曲線で表現された釜山南の海に明らかに表示されている。東海の単独島、鬱陵島と独島(山島という名前が鬱陵島の左側に描かれているが、150年後ジョンサンギの地図では位置が修正されて出てくる)も鮮明である。1765年の「余地書籍」、1822年「経常都」にも対馬島は釜山東莱府の付属島嶼でしっかりと位置している。
 
対馬が私たちの土地というのは、日本側の記録でも確認することができる。
12世紀末一人の僧侶が書いた「山略記」に対馬は考慮が言葉を放牧して育てたところであり、昔は新羅の人々が住んでいたとされている。豊臣秀吉が壬辰の乱のために作成された地図「八道転倒」も独島はもちろん、対馬を朝鮮領と認めた。1756年日本地理森工夫が幕府の命を受けて製作した後、認定を受けた「麻余地」の中の対馬も朝鮮の地である。
 
私たちの歴史と領土に対する日本の挑発がますます光景である。恥を知らない日本は、他人の土地にもネタンとし、ていた事実もなかったかのように重ね塗りして変える。
 
「対馬島は大韓民国固有の領土であり、日本が不法に占拠している。」私たちの教科書が私達の子供にそう教えられない理由がない。対馬も韓国の地である。
 
http://www.yeongnam.com/mnews/newsview.do?mode=newsView&newskey=20150413.010310835120001 
 
自動翻訳です。お見苦しい点はご容赦ください。
依頼
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1428654788/85